CITY HUNTER/Fire Fever! first impression

彩風さん・朝月さんの新トップコンビお披露目公演。

新生雪組で、少年漫画原作ってどんなもんや?とドキドキしながら行ってきました~

第一印象を、ざっくり書いていきます。

※ストーリーのネタバレはしませんが、キャラ設定に関することを書きますので、ご自身の判断で読み進みください。


スポンサーリンク

CITY HUNTER -盗まれたXYZ-

私は原作を読んだことはなく、テレビアニメを見たことがあるという前提知識で見ました。
キャラクターと関係性は、大体わかるという状態。

正直、第一印象があまり良くなくて、割と厳しめに書きますことを、ご了承ください。

※主人公の名前は「獠」ですが、以下、リョウと書かせていただきます。

*** 

  • 展開が慌ただしくて、理解が大変。キャラクター多すぎ&濃すぎんか??
    たぶん、原作の複数エピソードをめっちゃ詰め込んでる。
  • 原作の明るい雰囲気を踏襲してます!なのかもしれないが、騒がしすぎて、私は疲れた苦笑
  • 原作ファンにはいいのかもしれない。
    あと「宝塚って、こんなのもやるんだ!」と、宝塚の一般イメージ(宝塚=ベルばらみたいな)を覆すにはぴったり
  • でも舞台・芸術が好きで、「宝塚を一度見てみたい」という方には、私はお勧めしない。。。
  • 歌を聴かせてもらった!という印象はなく、望海さん体制からの大きな違いを感じた。まあ仕方ないですよね。
  • アニメの主題歌をいっぱい歌ってくれたのは嬉しかった。
    そして「♪Still love her」を歌うために、あの展開にしたのは良かった。
  • 朝月さん、もっと歌ってほしかったな・・・。歌ってたけど、キーがあまり合ってないのか、実力を出し切れてない気がした。
  • 夢白さんが「宙組育ちのプリンセス、さすがでしょ!」と、胸を張りたくなる演技と歌でした。想像以上においしい役で、驚いたけど。
  • 原作は、明るさ/下ネタとクールな場面のメリハリを効かせて、各キャラクターをかっこよく描いてると思うのだけど、今回の宝塚版は、メインキャラクターがあまりかっこよく見えなかったのが残念…(あくまでも私は。)
    もっとリョウが香を守るとか、ミックにビシッとスイーパー的な見せ場を作るとか、明るい中にも挟み込めるやん??
      
  • リョウと香の関係は、宝塚なんだから、もう少しロマンス風味を出しても良かったと思う。「♪WONDERLAND」で、全部説明しようとしてない??
  • わたし的かっこよさナンバーワンは、海坊主(縣さん)でした。
    大事な場面でリョウと一緒に戦う!ていう、男の友情を感じるシーンがあって良かった。大柄に見せる演技や、ちょっとかわいいところがあるキャラ描写もバッチリ。お顔は一瞬しか見えないけどw
      
  • ビジュアルだけで行くと、ダントツでジェネラル(真那さん)推し。
    めっちゃかっこいいやん!とプロローグからオペラ泥棒されたw
  • アニメで私が持っていたイメージと大きく変わり、残念だったのは冴子。
    冴子は、お色気を武器にしながらもクールビューティーだったと思うのだけど?あんなクネクネしないはず!(記憶違いだったらスミマセン)
    お気に入りキャラかつ、好きなみちるちゃんだけに、残念さが大きいです。
  • 昭和?バブル?を一面的に捉えすぎじゃないかな。。。←冴子のキャラ作りも、この影響がある気がするんだよな
    私自身はバブルを実体験してないので強くは言えないけど、こんなに軽いノリの人ばっかじゃないでしょ。
  • でも、軽くてアホすぎる(←褒めてる)政(諏訪さん)は良かった。
    これに葉子(ひまりちゃん)のハイテンションが重なって疲れる(酷)ので、もう少し抑えてくれないかな。。。原作もああなのかな。
     
  • 昭和ネタを盛り込みたがってるのを感じた。でも、そんなにいらないと思った。わからない世代も多いでしょ。原作リスペクトの部分もあるだろうけど。
  • スクリーン映像を多用してるんですが、ダサさに振り切っている昭和テイストが微妙。。。
    NOW ZOOM MEっぽいなぁと思ってたら、NZMもサイトー先生演出か!
    そういえば「開演5分前」は、NZMでもIAFAでもやってましたね(全部サイトー先生)。

    5分前からカウントダウンしないの、周囲の席の人もみんな残念がってたので、どうにかしてくださいw トンボとカラスが増えてるっぽかったけど、わかりづらいw
  • あと、カラオケのMVみたいなの、雰囲気壊してませんか・・・笑っちゃう

***

書きたいこと(主にツッコミ)は他にもありますが、たくさんあるので後日、詳細感想で書きますw
 

Fire Fever!

  • タイトル通り、熱いショーでした。
    これまでの雪組のイメージと違っていて、ちょっと気持ちがついていけなかった汗
  • 熱くて男臭い…というか、ジェンダーレスをテーマにでもしたかったのか?娘役さんらしい衣装や場面が少なくて、娘役さんがちょっとかわいそうに思えてしまった。
    ロケットもソフト帽で、ちょっとかっこいい感じだったしね。
  • で、このロケットが、男役含めほぼ全員でダルマ! 皆さん引き締まった美脚で、見惚れました。
    キキちゃん、「二番手がダルマ」を早々に他でやられてしまうw
  • デリシューで「107名カンカン」を見て、この迫力はなかなか真似できないな~と思ってたけど、今回の70名?ロケットもすごい迫力でした!
  • 組長のわっかドレスは、デリシュー後なので二番煎じ感があって、ちょっとかわいそう。(目指してる方向性が違うけど)
  • 歌よりダンスのショーだった。新生雪組は、ダンス推しなのかな。
  • テンポの速いダンスが多くて、見甲斐あり。
  • 歌は、組長さんとあすさんが活躍されてた。休演の英真さんの代役?
    ひらめちゃん(朝月さん)も、シティーハンターでは聞けなかった美声が聞けて嬉しかった。
  • あーさ(朝美さん)2番手羽根、おめでとうございます!
    あーさは、割と出ずっぱりでしたねぇ。
  • 明らかなヒロイン役は、ひらめちゃんしかやってなかった。雪のシーンは相手役が綾さんだし、他の娘役がやっても良い気がしました。
  • 大人数が、同じ衣装で一度に出てくる場面が多かったので、雪組素人の私には個人判別がしづらかった。なかなか、雪組の解像度が上がらないわ~。

とりあえず、いじょう。
ざっくりのつもりが、結構書いてしまいました汗。

 

私は、次の観劇が来月になります。その時には、もう少し洗練されてるといいなと期待。

特にお芝居に関して、力を入れるところ・抜くところのメリハリが効くといいのかな~と、何様気分で思っております。←

ショーは、その熱さにやや戸惑いを感じましたが、これが新生雪組の目指す方向性であり、力強いエネルギーを感じさせたかったのであれば、作品としては成功なのだと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。