2019年 観劇満足度ランキング ~外箱/小劇場公演編(1)~

本日から、カテゴリ別に2019年度の観劇満足度ランキングを発表してまいります!

※途中、ニュースに反応する記事を挟む可能性はあります。
※ちなみに今日は、anan掲載の皆さんがかっこよすぎ&美しすぎる件について書こうとも思ったのですが(笑)書いてあった記事から、さっさと出します。

私の「満足度」のランキングなので、技術レベルやシナリオの品質と単純に比例しているランキングではありません。そして、私の好みが反映されている部分もあります
そのあたりをご了承いただき、こんな評価をする人もいるんだな~という感じで、見ていただければ幸いです。

また、ランキング付けして気づいたことがあります。

私は、自分で思っていた以上に ビジュアルよりもシナリオ重視派 のようです。

ビジュアルも大切だけど、ビジュアル◎でシナリオ△の作品よりは、ビジュアル△でシナリオ◎の方が高評価になります。
そのあたりをご了承のうえ、お読みいただければと思います。

カテゴリは、以下の3つに分けることにしました。

  • 外箱/小劇場公演・お芝居編
  • 大劇場公演・お芝居編
  • 劇場共通・ショー編

まず本日は、外箱/小劇場公演・お芝居編(1)です。

このランキングの基本ルール

対象となる作品

  • 2019年に、宝塚大劇場/東京宝塚劇場以外で初日を迎えた舞台で、管理人・まつりが観劇できた作品のみ(ライブ中継含む)
    ※複数の地域で公演されたものは、一番最初の地域の初日が基準
  • DVD/Blu-rayやCS放送(スカステ)だけで鑑賞したものは、含まない
    ※迷ったのですが、どうしても感動レベルが劇場での観劇に劣るので、同じ土俵には乗せられないと判断しました。
  • 芝居・ショーの2本立て作品でも、お芝居のみで評価
    ※ショーは別にランキングを作成します。

以上の条件を満たすのは、以下の7作品

  • 月組『Anna Karenina(アンナ・カレーニナ)』
  • 宙組『群盗-Die Räuber-』
  • 月組『チェ・ゲバラ』
  • 宙組『リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド』
  • 宙組『追憶のバルセロナ』
  • 雪組『はばたけ黄金の翼よ』
  • 星組『ロックオペラ モーツァルト』

ベスト3に限定しようとも思ったのですが、4位以下が4位なのか7位なのかで大きく違うよなと思い、ここは思い切ってすべてを順位付けします!

あくまでも、私の満足度!
そして、私が見れた作品だけ!

なので、ランキングというにはちょっと中途半端かもしれませんが、お許しください。
見ていないものを評価できないので。。。
(花組がなくてスミマセン。今年、関西での小劇場公演はバウだけだったので、無理でした!)

では、行ってみましょう~。

補足:ランキングは、詳しくない方でも参考にしやすいよう、できるだけニックネームは使わずに書いてみます。

第7位

雪組『はばたけ黄金の翼よ』

まさかの最下位に、自分で驚きました 笑。
今年の小劇場のお芝居は、強豪揃いだったことを実感!

望海さん・真彩ちゃんの歌、出演者のビジュアルは◎だったのですが
シナリオに重点を置きがちな私の評価は、残念ながら低めになりました。

詳細な観劇感想は、こちらの記事にて。
改めて見ると、やはり感想が薄いですね 苦笑。

第6位

月組『チェ・ゲバラ』

宝塚にしては重めなテーマで、リアルな雰囲気を持つ作品。
でも、何の違和感もなく楽しめました。
もともと私は、政治の話が苦手なダメな大人なのですが、話が難しいと思うこともなかったかな。寧ろ、チェ・ゲバラやキューバ革命について詳しく学びたくなりました。

ブログ開設前の観劇で、個別レビューを書いていないので、さらっと書いておきます。
  

  • 轟さんは、明るい場面ではかわいらしく、しめるところはしっかり重厚に、という演じ分けがさすがでした。あの演説シーンは、若い演者ではなかなか表現できない気がする。
  • 怪我で休演された月城さんの代役を務めた風間さん含め、若手メンバーの好演が良かった!
  • 上級生含め、印象深く残っているのは、千海さん、晴音さん、佳城さん、きよらさん(入団順)
  • 風間さんは、わざわざ挙げる必要もないと思うほど、当然好演でした。さすがに、轟さんに対してタメ口なのは違和感ありましたけど(笑)、十分な貫禄あり。
    月城さんが演じていたら、雰囲気がずいぶん違うカストロになっていたのような気がするので、風間さんver.が見れたのは怪我の功名でしたね。(そして、月城さんver.も見たくなるのですが、これもまた運命と受け入れる)
  • 今まで認識していなかった組子で、気になる存在ができました!→ルイス役・礼華はるさんと、カミーロ役・蒼真せれんさん。
    ゲバラ後のIAFAから、チェックしております!

第5位

宙組『追憶のバルセロナ』

ビジュアルよし!シナリオよし!
上位4作品に劣るのは、心に残る印象の強さでしょうか。

宝塚らしく かつ 綺麗にまとまった作品ゆえに、観劇後すぐに「○○だったね!!」と誰かと熱く話したくなるような「押し」が弱い気がします

たぶん、観劇後の私の第一声は「芹香さんのビジュアルが良い!」「まいあちゃんがセシリア役で良かった!」だった気がする 笑
シナリオよりもビジュアルが印象に残った時点で、私の満足度ランキングでは下位に行ってしまうのですっ。

ただ、つまらないわけではないのです。
繰り返しますが「宝塚らしくて、綺麗にまとまったお話」です。
作品の完成度は高いと思います。

  
それにしても、この作品でまいあちゃんを見送れて、本当に良かった。
大劇場でやってくれたら大満足でしたが、いろいろなご都合があったのでしょう。
タカラジェンヌ・華妃まいあを、しっかり記憶に残させていただきました。

続きは次の記事で

本当はベスト3を別の記事にするつもりだったのですが(いや、最初はベスト7全部まとめて書くつもりだったのですが、全然無理だったw)
第4位の感想が思いのほか長くなってしまったので、ベスト4を次の記事に分けます。
中途半端で申し訳ありません 汗。

つづく!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。