新人公演&生オーケストラ復活がとても嬉しい

待ってましたーー!!!


スポンサーリンク

復活の兆しがあった、オーケストラ生演奏復活

生オケについては、実は先週、ロミジュリを観劇した際に復活の兆候を捉えていたので、予想が当たって嬉しい♪(公式発表前にブログに書いてないから、真実味に欠けるw)
 

先週は久々の2階席で、オケピの中を見下ろすことができたのですが
なんか、ごちゃごちゃしてるな??というのが気になりまして。

オペラグラスでまじまじと見たら、透明ビニールシートが、カーテン状にいくつも設置してあって「これは!」と思ったんですよね。

見つけた時、めちゃくちゃテンション上がりました。
生演奏の復活が嬉しい~♪

 

やっぱり、生の音の迫力は違いますし
録音だと、時々、歌と音楽がずれることがあるのが気になったので、そういうのを気にせず思いっきり歌ってもらえるのが嬉しい!
(指揮者が、適宜合わせて調整してくれると、勝手に思っています。コロナ前は、ずれは気にならなかったもの・・・)

宙組アナスタシアでなされていた、録音でも指揮者に立っていただくのは、タイミング合わせにはとても良いと思っていたのに、その後、雪組と星組ではされていないので、いいことばかりでもないのかな。

 

あ~花組公演、楽しみです!!

下級生の皆さんおめでとう:新人公演復活と人数制限解除

新人公演復活と、舞台上の人数制限解除も、とても嬉しい!!

若手が頑張れる環境が増えるのが何より。

A日程・B日程の片方にしか出られない下級生は、公演期間が半分しかない状態だったんだもんなぁ。
モチベーション維持にも影響があったのではと思います。

観客としても、両日程のチケット確保は容易ではなかったので、AかBかと気にせず、一度に全員を見れるのはありがたい。

 

ただ、正直、このタイミングでの復活は「思い切りましたね!」という印象です。

まだ、コロナに打ち勝てたわけではない状況下で、
密な状況を作りやすい人数制限を解除し、練習中の管理が難しそうな新人公演を復活させるんですもんね。

 

久しぶりに、コロナ前の舞台映像を見ると
全員が舞台上に並ぶ、ショーの中詰めなんかは「人数、多っ!」と驚くので(当時は、これが普通だったのだけど)、あれが復活すると思うと、ちょっとドキドキしちゃいます。

でもまぁ、演者に感染者がいない状況を確認できれば、大丈夫という確信が持てたのでしょうかね。

 

去年、最初の緊急事態宣言の際の休演期間開けに、劇団から感染者が出て、一部の公演期間が変更になりましたが、それ以降は、公演を予定通りやり切っている宝塚歌劇団、本当にすごいと思うのですよ。
人数制限をしているとはいえ、十分出演者数が多いし、公演数も観客も多いのに。

どうか、今回の制限解除で 悪い影響が出ませんように。

 

思えば、新人公演の完全中止は花組からだったので(※)、本当は花組から再開させたかったんだろうな。

友の会のチケット先行受付時点で、新人公演に関する記述が何もなかったのは、ギリギリまで迷っていたからではと思います。
でも、首都圏の緊急事態宣言解除の目途が見えないし、今回は難しかったという感じでしょうか。

※新人公演の中止が始まった頃のブログはこちら
(タイトルが「月組」ですが、完全中止になったのは2020年度分の花組からと、記事に書いています)

去年が新人公演最後の年だった100期生へのお情けは、ないのですよね、きっと。
それはとても残念です。

100期生のみねりちゃん、バウの主演で良かった(ほろり)

<16日夜訂正>
焦らずにちゃんと読んで私!
ちゃんとニュースに「特例として100期生を新人公演の最上級学年といたします」って書いてあるじゃーん

劇団さん、特例ありがとう!!

ん、でも全組じゃないのか
花組と星組は??
2021年の上期公演分だけのお情けなのかな・・・


ていうか 夢千鳥が見たすぎるんですけど
やっぱり配信はないんですかね???

この前の、聖乃さんのバウが配信なかったからなぁ。。。

あぁ~ 見たい~

 

わずかな望みを、明日の当落発表に託して
今日もお仕事頑張ります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。