花組『元禄バロックロック/The Fascination!』first impression

昨日は、ネバセイポスターの出来の良さに、テンション上げられておりました。

真風さんかっこよすぎるし、潤花ちゃん美しいし、黒髪キキちゃんもイケメンで楽しみ〜♪

 

さて今回は、先週末に観劇した、花組『元禄バロックロック/The Fascination!』の初回観劇後の感想をざっくりとお伝えします。

元禄バロックロック

総評

  • 面白かった!
  • 忠臣蔵自体は知っていなくても、あまり影響はない。
    →ちなみに、私は「日本史に詳しくなく、忠臣蔵もよくわかっていない人」で、この感想。
  • それより、「鎖国していない江戸」というif設定の世界だということが明確に語られていない気がして(聞き逃してたらスミマセン)、前情報ゼロで挑むと「ここは日本? 日本に似た、空想の世界??」と、道に迷いそう。
  • ファンタジー要素強めのストーリー & 華やかな衣装 & 派手な舞台装置 & 凝った映像演出で、若者向けの印象がありますが、宝塚を見慣れていない方でもとっつきやすいと思う。
  • 逆に言うと、「宝塚を見た!」とは、思いづらいかもしれない。
    クラシックな作風がお好きな方には、抵抗が大きいかもしれない。
  • 「舞台を見た!」という満足感はありました。
  • ビジュアルレベルが高い。
    衣装は派手でクセ強めだけど、皆さんの顔面レベルが強くて、決して食われていない

やや細かめの感想

  • いわゆるネタバレにあたる「ストーリーの肝」は、途中で予想できると思います(タカニュで稽古場情報を見ていると余計)。
    ただ、どうしてそうなったのかな?と、種明かしの解説を楽しみにしながら見れば問題なく、私は楽しめました。
  • 新トップコンビお披露目らしく、柚香さん(クロノスケ)&まどかちゃん(キラ)は、ほぼいつも一緒にいる。
  • この前のコルドバ&銀ちゃんで目立つお役立った方は、それぞれ程よく登場する。
  • ただ、聖乃さん(タクミノカミ)の活躍が少なくて残念。番手順に、重要な役が与えられているとは思うのだけど。
  • 水美さん(コウズケノスケ)の、堂々とした悪役っぷりがイイ。三白眼になりがちで、ちょっとキキちゃん(宙組・芹香さん)を思い出した。
  • 音くりちゃん(ツナヨシ)、こう来たか! かわいいだけでなく、さすがの実力派。
    ツナヨシ歌唱シーンは、美風さんの美声も重なって、鳥肌立った。
  • 歌についての印象は、花組に対して持っていたイメージから、大きくは変わらず。番手上位の男役スターよりも、下級生に歌える人が多いのかな?という印象。
    大人数でのコーラスが良かったです!
  • 星空さん(ツバキ)の演技、やっぱり好きだ。
    そして何気に、大団円の立役者。星空さん強いわー。
  • ていうか、くのいち2名(カエデ&ツバキ)のキャラ設定とビジュアルが好き。描きたい ←絵描き特有の衝動笑
  • 奇抜な衣装は、現実離れしているけれども、星組の十兵衛で感じたコスプレ感がない。とてもおしゃれでかわいい。
  • 下級生の出演場面を、できるだけ増やそうとしている印象を受けた。谷先生グッジョブです。
  • 作品タイトルは「バロック」「ロック」「クロック」の3つを掛け合わせたものだと勝手に思っていましたが、特にロック要素はなく「バロック」「クロック」だった模様。
    もしくは、派手な感じが「ロック」なのかしら?
     

The Fascination(ザ ファシネイション)!

  • 「あっという間に終わった」ということはないのだけど、どの場面も見甲斐があり、満足度が高い
    観劇直後に、デリシューとは違う「お腹いっぱい感」があった。
  • 「宝塚を見た!」という印象を受けつつも、決して古い感じはしない。「花組100周年」のショーとして、良作だと思う!
  • たくさんの組子の顔が見える。毎場面、主役がコロコロと変わり、いろいろな人にスポットが当たって楽しい。複数回見て、花組メンバーをもっと知りたくなる。
  • いろんな人が銀橋を歌いながら渡って、びっくり。
    失礼ながら「あれは誰だろう?」と思うこともありました。そのくらい、明確な路線じゃない人も渡るいうこと。
  • それぞれに得意分野を任せており、「歌がイマイチ」「ダンスが多い」といった感想にならない。花組上位層の得意分野が、うまくばらけていることを実感。
  • まどかちゃんは歌ありダンスありで、正直、これは華ちゃんには難しかったと思う。他のメンバーに置き換えたら、トップ娘役の出番が減ってしまうし。。。(現メンバー前提で作られているだろうから、意味のないifトークですみません)

    でも、まさかトップ娘役が、1つのショーで2種類のダルマ姿を見せてくれるとは。
    そしてまどかちゃん、スタイル良すぎ。
  • 星空さんの扱いがとても良い。ショーだけ見たら、娘3じゃないか? やはり強い。
  • 対する(?)美羽さんは、ダンスの脚使いが綺麗な方だな〜と気づきました。
  • 男役群舞、めっちゃ人数が多い気がする
  • 水美さんと永久輝さんの羽根が衝撃で、ここまでの「いいショーだー!」という満足感が吹き飛ばされてしまった。これならいっそ、羽根はトップコンビだけで良かったのでは…。
    そうしないところから感じられる意思が、怖い。

お芝居もショーも楽しくて、トータルで満足度が高い公演でした。
これは通える。

今週末、また観劇予定なので楽しみです♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。