銀ちゃんの恋 観劇感想2

本題に入る前に、

雪組・大劇場公演『CITY HUNTER/Fire Fever!』千秋楽おめでとうございます!

緊急事態宣言発令中にあって、完走できてよかった。。。
英真さんの休演は残念でしたが。
 

当ブログでは、まだ詳細感想を書けていないので、東京公演開幕までには書きたいと思います💦(最近の通常営業/苦笑)

 

沙月さんの同期お花渡しが望海さんだったそうで!
タカラヅカニュースの千秋楽映像で拝見できるのを楽しみにしています。

 

本題は、花組銀ちゃんの観劇感想・後半です。
前半はこちら


スポンサーリンク

キャスト別感想(敬称略)

以下、学年関係なく、私の印象が強かった順に書かせていただきます。

今回は、ネタバレ要素は含んでおりません。

星空 美咲(小夏)

2021年1月の『PRINCE OF ROSES』@バウでのヒロイン?(まだスカステの録画を見れていない)に続く東上ヒロインと、急速に上げられている印象の研3の星空さん。

最近推されているらしいということは聞きつつも、お顔もよくわかっていないぐらいでしたが、今回の舞台を見て、私の中での株がすごく上がりました!

 

とても演技がお上手。
落ち着きのある演技で色気すらあり、研3とは思えない。

 

事前に見ていたNOW ON STAGEで、遠慮しすぎじゃないかというぐらい縮こまっていたので、しっかりしなさい!と思っていたのですが(←)
演技は大変堂々としていらっしゃり、あの縮こまりは何だったのかと思うほどでした
 

観劇後、改めてNOW ON STAGEを見てみたら

先輩(水美さん・飛龍さん)に対して話すときに縮こまっているだけで、自分の想いを語る時は、けっこう落ち付いていらしたわ。
大先輩の前で、恐縮してただけか。

言葉の選び方が一味違う感じで、人としてもなかなか興味深いお方

 

お歌は「すご!うま!!」と言うほどではないですが、お上手
さらにお綺麗な方なので、推されるのも納得。
 

お顔立ちは、まどかちゃんと舞空ちゃんを足して2で割った感じ。
最近の劇団が好きそうな顔だなと思ったw

(今Wikipediaを見たら、愛希れいかさんに似た雰囲気って書かれてた。。。そうかな?スチール写真は、確かに愛希さんっぽいかも)
 

ただ、特徴のあるお顔というわけではないので、今後も気にして見たいけれども、集団に紛れてしまうと見つけられないかもしれません。。。

大劇場でも認識できるお役に就かれることを期待して、次回作を楽しみにします。
 

帆純 まひろ(橘)

私は、もともと帆純さんのお顔が好きなのですが、セリフが多いお役をする彼女に遭遇できたことがなかったので、今回はしっかり見れて嬉しかったです。

和装もお似合いじゃないの~ やっぱり好き笑

 

演技はちょっと硬い気もするけれど、橘自体がとがり気味のお役なので、気になるほどの違和感はなかったかな。
 

階段落ち前、スポンサーににらみを利かせるあたりからの、表情での演技が印象に残っています。
(下手前方の席<水美さんが遠く、帆純さんが近い>だったので、ガン見だったのであるw)
 

橘は銀ちゃんのライバルですが、終盤、銀ちゃんを認めたり、階段落ちに挑むヤスを心配していることが読み取れて、なんだかんだで、2人のことが役者仲間として好きなんだろうなと感じられました。

結局、橘も映画馬鹿なんですよね。
 

都姫 ここ(朋子)

新人公演のヒロイン経験がある割に、本公演で目立たないよね…どんな方なんだろうと思っていた都姫さん。

ハイテンションな演技がお見事でした!
付き合っても苦労する未来しか見えないダメ娘ちゃんだけど(笑)、かわいかった。

こんな娘にホイホイついていくから、ますますヤスの好感度が上がってしまうのよ、銀ちゃん。。。

 

大人っぽい役が似合いそうな星空さんとは持ち味が違う印象※なので、1学年差だけど、それぞれのいいところを活かしたお役で、今後も活躍してほしいな。

※まだお二人のことをよくわかっていないので、なんとなくですが。

 

その他のキャスト感想(敬称略)

一人ずつ挙げるほどではないコメント量の皆さんを、箇条書きで書かせていただきます。

・悠真 倫(監督)

まりんさんのこと、密かに好きでして、今回全然お歌がなかったのが残念すぎました。。。
オヤジ風な監督役は、ハマってらっしゃいました! あと、自治会長?もいい味出してたw
 

・美風 舞良(秘書)

宙組アナスタシア以来の拝見。お元気そうで何よりです!
今回、下手前方の席だったので、開幕直後に美風さんが目の前に現れた時は嬉しかった~。
楽しそうなお姿に加えて、素敵な歌声も楽しめて満足。
 

侑輝 大弥(ジミー)

申し訳ないながら、今までまったく認識していないお方だったのですが、NOW ON STAGEメンバーに入っていたので覚えました。

舞台ではトメ・マコトと同じくらいの出番だったので、なんで彼女がナウオン抜擢されたんだろう?と思ったら、ジミーはいわゆる出世役なのか!?
劇団の推しってことですね。
(’96初演(東京):高翔さん、’08:望海さん、’10年:愛月さん という錚々たるメンバー)

綺麗なお顔で演技も可愛らしかったですが、推されてる理由がまだわからないので、今後に注目したいです。

 

ところで、最近「この子ちょっと気になるな」と調べるジェンヌさんの、102期率が高いです。

学年単位で注目されてるのは、100期の次は105期のような気がしていましたが、102期けっこうすごいのでは。。。
今更?
 


スポンサーリンク

余談:ドラマシティの前方席、見やすい!

感想の中にちょこちょこ書きましたが

今回、ドラマシティの前列…4列目という恵まれたお席でした。

近頃、座席運がいいのはとても有り難いのですが、推しの宙組に回ってこない。。。
そんなもんですよね苦笑。引き続き精進します。

 

で、大劇場4列目・バウ2列目と比べた感想を書いておきたいのですが

ドラマシティが一番見やすかったです。

 

舞台が、1列目の目線よりも低い かつ、花道がないのですべてを視界に収められる安心感!
 

前方席の傾斜がゆるやかなので、前列の方の頭に遮られて役者の足元が見えない時はありました
総じて満足度の高いお席でした。

大劇場の、あの規模でも見やすい前方席にも感動しましたけどね~。

 

またこの感動を味わえるように、地道に、祈りを込めて申し込みを続けるぞー
おー!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。