公演デザート食べました ~アウグストゥス/Cool Beast!! 編~

まだ、星組ロミジュリの観劇感想が途中なのですが
少しでも、どなたかのお役に立ちそうな記事を先に上げさせていただきます。
 

毎度おなじみ、宝塚大劇場の公演デザートのレビューです。

2種類あるうちのどちらを食べようかな~など、思われた際の参考にしてください。


スポンサーリンク

フィグフロマージュ ~いちじくとチーズのムース~

(公式紹介文)濃厚なチーズをムースにし、いちじくのジャムをアクセントにしたグラスデザート。主人公が手にするサーベル(剣)をイメージしたピックを添えました。

上に載っているのは、クランブル+生クリーム+金粉。
 

そして、公演になぞらえた(いつになく厳しいなぞらえw)というサーベルは、ピックにしては凝った作り!
アルミメッキなのかな?輝いておりました。

つい、持って帰ってしまったよw
お弁当のうずら卵でも刺そうw
 

赤い層は、大きめの果肉が入ったいちじくジャムで、甘さ強め。
果肉が、味も食感もりんごのようだったのですが、いちじく…なのですよね?

なぜ、旬でもないイチジクを使ったんだろう?と思ったんですが
コロナ前の予定だと、旬の秋(10-11月)に上演予定だったからかな。
デザートも、そんな前から企画されてる(&変更しない)のかしら。
 

下層は、程よい甘さのチーズムース。
食べ慣れた味でした。

いちじくとチーズの組み合わせって、私はあまり見かけないのですが、美味しかったです。

 

蜂蜜パッション

(公式紹介文)蜂蜜のムースにパッションフルーツのジュレを組み合わせた爽やかな味わいのグラスデザート。花組のロゴがデザインされたチョコレートがとてもキュート。

上に載っている花組マークのチョコは、思ったより点描でしたw 個体差かしら。
よーく見ないと、花組マークだとわからない・・・。
 

パッションフルーツジュレの黄色い層は、とろとろテクスチャ。

公演デザートにパッションフルーツが使われることは多いのですが、いつもより酸味が控えめで食べやすかったです。味が薄いといえば、そうなんだけど。
ジュースで言うと、果汁100%と果汁30%の違いという感じ。
 

下層の蜂蜜ムースは、はちみつ味がしっかりします!
某夢の国の、ファンタジーランド気分になりました(笑) ←ハニーポップコーンの香りが漂っているから

後味も強く残るので、普段なら「濃いなぁ」と思うパッションフルーツすら、下層の味をマイルドにする役を果たしていて驚きました。
 

ただ、一緒に食べることで、両方のいいところをぼかしてしまうかも。
片方ずつでも味が濃すぎるということはないので、混ぜて食べないことをオススメします。

 
そして、いちじくムース以上に、公演内容との関連性がわからない
1つ目がお芝居由来だから、こちらはショー由来なのかしら。

BeastからのBeeってことはないですよねw
 

昨今、パッションは星組のイメージワードみたいになってきたので、よけい「なぜ?」と思ってしまうけど、色と味で春の印象を受けるのは良いかも。
(ただ、さっき書いたように、もともと秋公演に合わせて考えていたなら、謎が深まってしまう)


公演デザートの感想は以上ですが、
特別メニュー、カレーパンも食したので、記事を分けて書きまーす
↓ ↓ ↓

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。