エルハポン観劇感想(3)~当日券でおかわりした結果~

まだアクアヴィーテの感想じゃないんかい!
エルハポンの感想、どんだけ書くねん!
と自分でもツッコみたくなりますが 苦笑

当日券でおかわりしてきました!

エルハポンは、初回ほど「エッ」とはなりませんでした。
ストーリーも全部わかったうえで見るので、大抵のお芝居はそうなのかもしれませんけども 苦笑。

観劇2回目の収穫

  • 1階の立見だったので、2階だった初回とは違い、帽子に隠れた表情も見ることができた。
    観劇感想(1)に書きましたが、ほんと2階に優しくない衣装だったんだなぁと痛感。お顔が見えるだけで、楽しめる度が倍増している気がする。下級生だけでなく、キキちゃん、ずんちゃんも帽子着用多いからなー。
    無事、モブで頑張るおかゆちゃんも発見できました!
    (といいつつ自信がないんですが、傭兵はお髭着けてましたよね?やはり素敵だった。)
    普段、全体が見えて隊形なども楽しめる2階席を好いているのですが、エルハポンは1階の方が楽しいかも…
  • 広範囲に目を配る余裕ができた結果「印象的な役」が増えた
    観劇感想(2)では書かなかった、他のお役でも気になる役が増えました。
    具体的には、ビアンカ、ニコラ、セバスティアンの道化師トリオ。※ビアンカは女官

    初回は、ルイマキセくんのお顔がピエロでもったいないよ~の気持ちが強かったんですが、改めて見てみると、せとぅー(瀬戸花さん)とともに、お歌のシーンを任されていることがよくわかったし、使節団との別れを惜しむシーンは素直に「いい人たちだったんだな」と思えた。

    あと、用心棒トリオのりっつ&わんた&ほまちゃんも「初回では気づけなかったけど、頑張ってるやん!」と思えたんですが、やっぱり出番(セリフ)が少ないよね~~。もったいないわ。
  • やっぱり、治道とカタリナの心の動きは読み切れなかった
    いえ、治道の心の動きは前よりはわかった気がするけれども、カタリナはやはりわからぬ。酒場のダンスシーンで急接近する、その直前まで元ダンナ様のこと一番に思ってたよね!?
    ラストシーンも、コメディ色を強めた結果「その場の流れで承諾した」という印象を与えるようになっていて、ここはむしろ初回よりも「それでいいんかい!」とツッコみたくなった。

アクアヴィーテも前よりじっくり見れたので感想は増えましたが、そもそもまだちゃんとした観劇感想を書けていないので(スミマセン)、2回目分も反映して書きますね。

あと、1種類しかゲットできていなかった公演デザートのリベンジも達成したので、記事を追加更新しました。よろしければご覧ください。

 

  
余談ですが、これを書きながらエルハポン/アクアヴィーテのNOW ON STAGE(スカイステージ番組)が初回放送なんですよね。録画してあるので、後でじっくり見よう。
講演の内容を把握しているので、ニヤニヤしながら見れそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。