桜木みなとさん、東上主演決定!~ここ1年の変化と今後を考える~

ずんちゃん、東上主演おめでとう!!

■主演・・・桜木 みなと

◆日本青年館ホール:2020年3月28日(土)~4月4日(土)
◆シアター・ドラマシティ:2020年4月11日(土)~4月19日(日)
オリエンタル・テイル 『壮麗帝』 作・演出/樫畑 亜依子

ブログ開設後しばらくは、人事の話題は極力しないつもりだったのですが(素人なので/苦笑)、宙ファンとして、これは扱っておきたい!


スポンサーリンク

2020年の別箱公演の主演は、上級生だけではなかった

路線スターとして、さらに上へ行くために必要な条件と言われている、東京での別箱公演の主演。 宙組において、今後の番手が気になるずんちゃん(桜木みなとさん)が、ついにその座を射止めました!

2020年は、花組の瀬戸かずやさん、月組の鳳月杏さんと、上級生が主演を務めるニュースが続いており、宙組はどうなる?ずんちゃんは行けるのか??と、ちょっと劇団の意志が読めないところがあったので、このニュースは嬉しく、ホッとするものでした。

「オーシャンズ11」で新しいベネディクト像を作り上げた桜木みなと

「オーシャンズ11」で、これまでに紅ゆずるさんや望海風斗さんが演じてきたベネディクトを演じ、着実にスターへの階段を上っているずんちゃん

1年前、「異人たちのルネサンス」を拝見した時は、正直、ちょっと歌唱力が弱いと思っていました

ですが、次の「オーシャンズ11」ではソロでしっかりと聴かせてくれ、先般の全国ツアーでも歌パートを問題なくこなされていました。
個人的に、この1年で最も芸に磨きがかかった宙組の路線スターだと思っているのがずんちゃんです。(他にいるよ!というご意見もあると思いますが、あくまでも私の基準です)

演技面でいうと「オーシャンズ11」のベネディクト役で、幅を拡げられた印象。

もともとずんちゃんは、品の良いロイヤル感が持ち味だと思うので、過去の演者がされたベネディクトに比べるとアクが足りなくて物足りない・・・と最初は思いましたが、日に日に味を増し、新しいベネディクト像を作り上げられたと感じます。

それは“根はまじめで、応援したくなるベネディクト”

ベネディクトとベネディクトの部下たち(通称:ベネディクト7)の間に温かな空気が流れているのが感じられたので、余計にそう思ったということもあると思いますが、恐怖政治を感じないベネと部下との人間関係、良かったです。絶対に部下の皆さん、ボスのこと大好きだと思うんだよな 笑。

ベネディクトが掃ける最後のシーン、「ネバーァ ギィブ アップ!」と叫びながら背中を向けるベネには、なんだか「次は勝てるかもよ!がんばれベネ!」と声をかけたくなる感じでした。


スポンサーリンク

今後の活躍に期待!

「オーシャンズ11」では出世役と言われるベネディクト役、先般の全国ツアーでは小さな背負い羽、と着実に上へと向かっている様子が感じられるずんちゃん。

長身の生徒さんが多い宙組において、ずんちゃんが生抜きトップになれるか?と言われると、正直YES!とは言えません。

でも、素質のある方だと思います。あとは、もう少し押しを強めに、というか、舞台上での存在感がもう少し出るといいんだろうな~というくらい。

もともと世間からの注目を浴びやすい95期生で、同期から既に2名のトップスター就任が決まった今、ご本人もいろいろと考えられることがあると思いますが、より輝ける場所でご活躍されることを祈るばかりです。

ところで気になる、その他の割り振り

同時に、真風さんとまどかちゃんが主演を務めるACTシアター公演も発表されましたが、芹香さんはどっち?

ずんちゃんの義弟役ということはないだろうから、ACTの方になるのかな。更に別の箱の可能性も否定できませんが。
ウエクミ先生だし、芹香さんが出るなら見てみたいけど(解説読んだだけでは、大丈夫かな?という印象だけど/笑)東京しかないー(涙)

あと、ずんちゃん公演の相手役と男2も気になりますな。

何にせよ、2020年の予定が少しずつ見えてきて、ワクワクが高まります♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。