プロミセス、プロミセス 観劇感想1

ブログを放置しているうちに、星組東京公演も、宙組全国ツアーも始まってしまったー!!

他にいろいろニュースも出てるけど、スルーしてごめんなさい
 

なお宙組全ツは、宙ファンとして悔やみきれない不覚なのですが、梅芸の会員先行を申し込みし損ねて、大阪公演が1枚も取れず。(友の会で取れないのは平常運転・・・)
 

迷った結果、福岡での観劇を決めましたー!
久々の遠征!!
ワクワクドキドキー♪

緊急事態宣言開けを、宙組公演で祝えて幸せです。
 

・・・ので、まだ観劇できておらず、観劇感想も千秋楽後になります。

 

本日は、宙組のもうひとつの別箱『プロミセス、プロミセス』の観劇感想

版権都合で映像媒体が残らない貴重な公演を見に行けた身として、公演の雰囲気を少しでも伝えられるように、観劇感想を残します!(観劇から間が開きすぎたけど)

シナリオ個別の評価は書かず、必要な部分はネタバレしない程度にキャスト別感想に織り交ぜて書いてまいります。
公演前に明らかになっていた基本設定には触れますので、ご了承ください。

今回は、主演お二人について書きます。

キャスト別感想の前に、キャスト全般に関して

今作の出演者が発表になった時、明らかに「歌うま」メンバーが揃えられているので、みんな歌うんだろうな~と楽しみにしていました。

が、実際には、目立つ歌唱場面を与えられているのは上級生のみでした。
下級生は、全場(!)のカゲコーラスに駆り出されています。
 

お役としては、新人公演主演経験済み、万博アンバサダーの風色さんすら「どこにいた?」に近かったので、下級生の活躍を期待して行くと、ちょっと期待外れかもです。

あ、でも、男役に比べると、娘役の若手は顔が見えました。
 

キャスト別感想

芹香 斗亜(チャック・バクスター)

保険会社の経理部で働く、しがない一般社員。
思いを寄せる食堂係のフランには、名前さえ覚えてもらえていないという影の薄い存在。
 

そんな、宝塚では珍しいタイプの主役を違和感なくこなせるのは、長~い二番手期間で様々な役を演じてきたうえに、コメディセンスの高いキキちゃん(芹香さん)だからこそ、という気がします。
 

いや だって、こんなに若々しい役がハマる研15のベテラン、なかなかいないでしょう

***

役柄的に、バウで若手がやってもいいのでは?と少し思ったけど(バウでブロードウェイミュージカルはやらないだろうというのは置いておいて)、人事部長が役員の末席に推薦できるぐらいのキャリアはあるわけなので、あまりに若手がやっても、違和感があるのかも。

というか、キキちゃんがめちゃくちゃ若く作ってきただけで、「しがない社員」は別に、若々しい必要はないことに今気づきました。そらくんが上司に見えるように、考えたのかもね。

***

そしてチャック役は、膨大なセリフ量と長尺の歌をこなす技量も必要。
そう考えると、キキちゃんにぴったりの役だった気がします。

今回は、日ごろ心配な滑舌の悪さがあまり出ていなかったのも良かった!
地声に近い、高い声だから大丈夫なのかな。

 

衣装はスーツが多く、スタイルの良さが際立って素敵でした。
ちょいダサなニット帽やカラフルベストとの組み合わせでも愛らしく見えるのは、私がキキちゃんファンだからでしょうか笑
 

そういえば、ポスターやスチール写真のお化粧が自前ではないそうで、いつもと雰囲気が違う(ちょっと怖い)のですが、舞台での実際のお化粧はいつも通りでした。
短めのショートもお似合いで、非常に私好みで良かったです

舞台に出てきた瞬間、「顔がいい…」とニヤけれましたので笑。

 

そして、相変わらずのアドリブ力を発揮してくれました。

今回とても良かったのは、観客が「ツッコみたい」と思っているところを、ツッコんでくれたこと。

具体的に言うと、初日に観劇したので、部屋番号の「2A」のAが落ちてしまったことと、カールとマージの激似ビジュアルへのツッコみ。

Aが落ちた後、大道具は「2」のままなのにセリフが「2A」なことが気になっていたところで、「最近Aが落ちちゃったけど」(←うろ覚え)とぬかりなく台詞を加えて補ったキキちゃん、さすがとしか言いようがなかった。

※Aが落ちた時に素早く反応して、ササッと片付けたしどりゅー(紫藤さん)もすごかったです!
ジェンヌさんの、舞台上の落下物への反応はいつもスマートで速い。

 

結論:推しの好き度が高まる公演でした。
 

天彩 峰里(フラン・クーベリック)

かわいいし、歌うま・演技うまで、プロプロの満足度向上に大いに影響しているご活躍だったと感じます。
ビジュアルは、パーツ大きめなお顔が、この時代の女性メイクにぴったりでした。

 

フランは、チャックに負けない量の長尺歌唱がある※ほか、お芝居も想像以上の出番の多さで、餞別じゃないよね??と不安になるほどでした。
ダブル主演かな?と思うくらいの活躍。←ブロードウェイ版はそうなのかも。
(※恐らく、有名な曲や人気曲はフランの方が多い。Spotifyの再生回数は、桁が違う。)

みねりちゃん大好きなので、長く頑張ってほしー・・・


 

***

長らく、少年役やお嬢様役の印象が強かったけど
今年前半の『夢千鳥』で、妖艶な大人の演技もできるのよ!と見せつけてくれたみねりちゃん。

今回は妖艶キャラではないけれども、道ならぬ恋(想いはまっすぐなのだけど)に走るフランを魅力的に演じられていました。
色っぽシーンといえば、クリスマスの夜に、シェルドレイク(和希さん)といたベッドから出てきて上着を着る背中がドキドキでした~

 

そして私はキキじゅり(芹香・天彩コンビ)が好きなので
群盗以来の組み合わせ、2人が並んでいるのを見るだけでも心が満たされました笑。
 

カーテンコールで、ベッドから出てくる二人かわいすぎるやろ・・・
あの舞台写真ほしい・・・

けど、出てくる動きを含めて可愛い気もするので、動画が残らないのが本当にもったいない😢 ←この場面に限ったことではない


今回はここまで。

次回は、和希さんと留依さんについての予定です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。