「眩耀の谷」新人公演主演が意外&次の大劇場がロミジュリは想定内

最近の星組ニュースについて、まとめて書きます。


スポンサーリンク

2020年8~11月の星組・大劇場公演は「ロミオとジュリエット」

書いて気づいたけど、東西長期間なんですね。
ロミジュリという大作が、ぴったりですな。

個人的に、ロミジュリに決まったというニュースは、あまり驚きませんでした。
こっとんコンビで、いつかやりそうな気がしていたので。
驚いたのは「思ったより早かった!」というところかな。

お二人は絶対お役が似合うだろうし、こうなるとティボルトは愛ちゃんか?となると、これまたハマり役になりそう。

(ちなみに「眩耀(げんよう)の谷」の愛ちゃんのお役を悪役予想しているのですが、アルジェから悪いイメージが続きすぎるので(笑)、やっぱり眩耀の谷は悪役じゃないのか、ティボルト役ではないのか…むむむ。)

「眩耀(げんよう)の谷」新人公演主演が意外だった

ロミジュリよりも驚いたのは「眩耀(げんよう)の谷」の新人公演の配役!

  • 丹 礼真:碧海 さりお(本役:礼 真琴)
  • 瞳花  :桜庭 舞  (本役:舞空 瞳)

桜庭舞ちゃん(まめちゃん)は、納得。
ですが、さりお君っていうのが 星組に詳しくない私でも「えぇ!?」と思いましたよ。
すみません、路線に絡むような方ではないと思っておりました。

調べてみると、入団時の成績は上位(5番目)でダンスがお得意とのこと。

ゆえに、礼真はけっこう踊る役なのではないか?謝先生だし!という予想があるようですが
私は「あの衣装で踊り?そうなの??」と半信半疑でした。

が。

まかキキ&だい咲目当てで買ったananに書いてあった公演解説によると
「主人公・礼真も(中略)瞳花も、ふたりの持ち味を存分に活かした適役」だそうなので、やっぱり踊りが多いのかもしれない。
歌だけならよくある話なので、ここまで書かないような気が。。。

となると、まめちゃんは歌える娘役のイメージでしたが、ダンスもできるのかな?
踊るのは礼真だけかしら。

まめちゃんは、食聖の時のTAKARAZUKA CAFE BREAKで、素化粧でお話しされているのを初めてしっかり見たのですが、良い意味で、あまり宝塚の娘役っぽくない感じが好印象でした。なんだろうな、しっかりお化粧されているんですけど、どことなく素朴で、気取っていなくて親しみやすい感じ

お歌の実力は、先日のロクモで聴かせてもらえたので「眩耀(げんよう)の谷」ヒロインも楽しみですね。

これから決まるその他の配役も含め、新人公演メンバーの皆さん、頑張ってください!


スポンサーリンク

余談

別に記事をおこすか迷っているので、とりあえず書いておきます。

記事のタイトルと無関係で恐縮なのですが

先ほど書いた「まかキキ&だい咲目当てで買ったanan」のお写真が、4人とも素敵すぎるので、ぜひ見て(&できれば買って)いただきたい!

今、書店で売ってるやつです。嵐が表紙です。

GRAPHとかではなかなかない印象のスタイリングで素敵~
わかってたけど、キキちゃんがただの綺麗すぎるお姉さんだった(褒めてます)

※昨日のランキングで、自分はビジュアルよりもシナリオ重視だと書きましたが、お芝居の評価ではなく、役者さん単体で考える時は、美麗なビジュアル大好きですよ!
(宝塚が好きで、美しいものに興味がない人は、ほとんどいないと思うんですが、どうでしょう)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。