ロックオペラ モーツァルト観劇感想 ~強すぎるぞ、新生星組~

ブログは消えたが、嘆いている暇はない!
(でも今日までで、結構復活させました~)
書くべきネタはあるんだ!

ということで、自分を鼓舞して書きます。

先日、「ロックオペラ モーツァルト」梅田芸術劇場の千秋楽に行けました!
チケット取れただけでハッピーだったのに、大阪千秋楽。
しかも休演日だった宙組さんが多数ご観劇だったらしい。
(第3希望で取れた3階のB席だったので、お姿はちらりとも見えてません)

ということで、見る前から嬉しさいっぱいで観劇したのですが
内容も大満足の公演でした

見に行けて良かった!!

そして

こっとん強すぎる。

(ことひと?ことなこ? とりあえずは、好きな響きのこっとんで。)

 

なお、管理人は宝塚ver.以外は未観劇です。
※本記事は、ストーリーのネタバレはしておりません


スポンサーリンク

シナリオ・演出等の感想

モーツァルトの半生を描いた舞台。
音楽を楽しむ舞台だ、という印象でいたのですが、ストーリーも十分面白かった

テンポが良くて集中して楽しめ、どこまでが史実に基づいた設定なのかわかっていませんが(スミマセン)、実在した人物のお話なんだよね?(こんな波乱万丈ある?)と思う面白さでした。

そして音楽は予想通りたっぷりで、拍手をするタイミングがわからないぐらい、次から次へと歌!という感じ。
で、出演者の皆さんが歌うまだから、耳に心地良いしお話に集中できる

お歌レベルの高い舞台は、安心感が違います。

 また「ロックオペラ」の名の通り、音楽はエレキギター、ベース、ドラムなどを使ったロックテイストの曲が多いのですが、舞台音楽やクラシックよりも、J-POPやロックを聴いて育った私には耳馴染みが良かったです。

ストーリーの面白さ、役者のレベルの高さと相まって、良い意味で「宝塚を見に来たことを忘れる」舞台でした。舞台は好きだけれども、宝塚には興味がないという若い層でも、抵抗感なく楽しめると思います。

 

セットは、盆をうまく使っているな~という印象。
前面と裏面?を使い分ける場面転換は当然ながら、回る古代ローマ風の柱の間を組子が踊ったり演じたりする場面は奥行きが感じられて素敵でした。

モーツァルトとコンスタンツェの出会いのシーンの、ピアノの立体感も面白いですね。

 

そして、忘れちゃいけない ドレスがめちゃくちゃかわいい!

男性の衣装は、特筆すべき点はないのですが
(モーツァルトの衣装がロックテイストなのは特徴ですが)
娘役のドレス、特にコンスタンツェ含む4姉妹のドレスが素敵

コンスタンツェのドレスがかわいいことはプレ画像の時からわかっていましたが、姉妹がみんな、同じテイストで色違いのドレスなんですよ。完全に同じではなく、ベルトのデザインがちょっとずつ違うのも良かった。

主なキャスト別感想

星組生に詳しくないのですが、できる範囲でがんばります。

礼 真琴(モーツァルト)

優等生だとは知っていましたが、期待以上でした

こっちゃん(礼さん)主演の舞台を見たことがなかったので、歌うまの印象はあれど、演技の明確なイメージがなかったのですが、お上手だった。さすが首席。
若くて破天荒なモーツァルトの演技が、ハマッていたように思います。

逆に、男性らしい頼りがいのあるキャラクターを主演したらどうだろう?とちょっと感じました。身長が高いわけではないので、舞台の中心でドンと構える感じではなくて、物足りないかもしれないな…。

舞空 瞳(コンスタンツェ)

優等生だとは知っていましたが(2回目)、こんなにできる子だったとは

花組時代を生で観劇したことがなく、前作の「食聖」は娘2の位置づけ?とはいえ、大きな役ではなかった(そしてお歌はイマイチと感じた)ので、優等生という実感がそこまでなかったのですが、今回は目を見張る活躍でした。

ついこの前まで、いち下級生だったとは思えない。

お歌はまだ強みとまでは言えないかもしれないけれど、十分なレベル。
恐らく、低音域が苦手なのだと思いました。高音の歌はお上手!

演技は、強気でかわいらしいキャラクターが合ってましたし 何よりダンス。
第1幕最後の裸足ダンスは圧巻でした。

スカステのNOW ON STAGE で、原作はコンスタンツェではなく、特に役名のない女性ダンサーが踊るシーンを変更したというお話がありましたが、おかげでとても意味のあるシーンになっていたと感じました。コンスタンツェの愛を感じられるダンス。


こっとん2人に関してですが、 お二人は全体的なレベルが高いけれども、敢えて言うならダンスのコンビ。

そして、この2人が組むデュエットダンスが、まぁすごい。
ダイナミックかつ優雅で、大変見甲斐のあるデュエダンでした

凪七 瑠海(サリエリ)

第二のヒロインと聞いていたけれど(笑)あまり出番がないな~と思っていた第1幕。
ウィーンに行ってから出会う人だから、仕方ないことに後で気づきました 汗。

奔放な天才のモーツァルトの対極にいる、真面目で苦悩するお役がハマってましたね

前回の大劇場(雪組・壬生義士伝)での活躍が少なかったので、たっぷり歌うお姿を見れて良かった。

ビジュアルに関してですが
私、宝塚にハマってからは黒髪の凪七さんしか見たことがなくて、フィナーレのグレーヘアに「いいじゃん!」と思いました。
その後、金髪の頃の映像をスカステで見たのですが、これも似合う。
黒髪より明るい髪色の方が好みだということがわかりました 笑。

それから、ひっとん(舞空さん)と共にお顔が小さすぎて、遠近感が狂います 笑。
2人の小顔はわかってたけど、星蘭ちゃんもめちゃくちゃ小さいのね。
この3人と並ぶ役者さんが気の毒すぎた。

小桜 ほのか(アロイジア)

本当の第2のヒロイン。第1幕はキーパーソンで歌いまくり。

ひっとん演じるコンスタンツェの性格と歌唱力との対比が、ほのかちゃんのキャラクターとぴったり合っている印象を受けました。

コンスタンツェとの歌対決&仲直り、良かったなぁ。 お二人の声の相性も良い感じでした。

極美 慎(ジュースマイヤ)

極美さんは、背が高くて、華がある という印象
そしてなんとなく「お歌はそれほど」というイメージだったのですが
歌もお上手だったよ?

出番も多いし、期待のホープであることがよくわかりました

桜庭 舞(ナンネール)

今まで、ほのかちゃんと同じレベルのお役を与えられている印象があったのに、第1幕は「どこにいたかな?」ぐらいの出番だったので(下手の席で、お顔があまり見えなかった・・・)おや?と思っていたのですが、彼女の活躍は第2幕でした!

美声を堪能できます。


スポンサーリンク

これからの宝塚歌劇を背負う組になる予感

小川理事長が、新生星組に期待しちゃう気持ちがわかる舞台だったなと。
上に挙げていない他のお役も、皆さん、特にお歌がハイレベルなんですよ。
外部にアピールしても恥ずかしくない舞台を提供できる組

本当に、見に行けて良かった!

(ちなみに、3階B席の端寄りでもよく見えました。負け惜しみっぽくなりますが、梅芸の3階も悪くない。この舞台を3000円で見れたことが信じがたい。
あと、宙組さん観劇ver.のアドリブ?も見れて良かった。
後ろを向いて笑っちゃうサリエリかわいい。)

龍の宮のバウ組と、愛ちゃんも加わる次の本公演がどうなるのか・・・
わくどきしながら待ちましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。