梅芸ポーと、女優・明日海りおさんについて考える

毎度ながら、本題の前に近況の雑談を失礼いたします。
 

2月分のロミジュリチケットが、取れてません 涙。

雪組fffの時ほど、私が必死になっていないということもあると思いますが、こんなに取れないとは。
緊急事態宣言中とはいえ、収容率50%は、やはり厳しい・・・

まだ3月分もあるし、最悪配信が見れる!とは思っておりますが、しばらく大劇場に行く予定がないのは寂しいなー
飲食店も開いてないから、ぷらっと遊びに行っても楽しめないしなー
 

ま、ぼちぼち頑張りますです。

今月の私の心の支えがない…シクシク…と考えたら、花組ナイワ(生)と、宙組アナスタシアと月組ダルレーク(配信)がありましたわ。供給は途絶えていない、大丈夫だ!

 

さて今日は、梅芸版『ポーの一族』と、最近露出が増えてきたOGの明日海さんについて、つらつらと書いてみます。
感想を正直に書いた結果、ポーの一族を絶賛する内容にはなっておりませんので、ご承知おきください。


スポンサーリンク

宝塚の特異性を実感できた、梅芸版ポーの一族

大阪公演が1月に終了し、本日、東京公演が開幕する『ポーの一族』。
(東京公演初日、おめでとうございます!)
私は、大阪で劇場まで見に行かせていただきました。
 

シナリオ自体は宝塚版と同じですが、キャストが変わることで、ずいぶん印象が変わることが面白かったです。

やっぱり、宝塚って異世界なんだなと。

梅芸版も良かったですが、ポーの一族という作品の世界観を完全に再現していて、作品世界への没入感が高いのは、宝塚版だと感じました。
 

言ってみれば、梅芸版は、ほどよいリアル感があり、「バンパネラは実際にいるのかも。もしかしたら私の学校にも来ちゃうかも!?」と思える感じ。
(私はもう、そんな夢見がちな年齢ではありませんがw 小中学生の頃だったら思ってそう)

※そもそも(萩尾先生の原作)が、読者に「実在するかも」と思わせたい作品なのであれば、宝塚版はちょっと違うということになりますが、宝塚の観客が求めているのは、前者のような気がします。

 

どちらがいいかは、好みの問題かと。

私自身、
・現実逃避したい時・圧倒的な美に触れたい場合は宝塚版
・女優さんの清楚な美しさや、リアル男子の素敵さを楽しみたい場合は梅芸版
と、気分によって見分けるのもありだな~と思いました。
 

<余談>
好きな時に好きなほうを見るためには映像媒体が必要。
で、会場ではDVDの予約チラシが配布されていたので、媒体が発売されるということなのですが

今どきBlu-rayはないのかね!?

毎回Blu-rayが用意される、宝塚が恵まれているんでしょうか??
よく考えたら、舞台作品が映像化されるだけありがたいのかな…。
舞台作品の、映像化事情がよくわからない。
 

あまり変わらなかった明日海エドガーの是非

宝塚版の「圧倒的な美」の一因は、演者の舞台化粧だと思います。

宝塚の舞台化粧は、見慣れると特に違和感を感じないのですが、かなり特殊な化粧

人によっては、素顔が想像できないほど、“顔を作って” います。
それにビジュアル売りができる花組生のお顔が掛け合わさって、宝塚版は「漫画の完璧な舞台化」だったのかなと。
 

対して、梅芸版は皆さん、普段のお顔と大きくは変わらないお化粧でした。(涼風さんは結構違うかw)
 

ただ、明日海さん演じるエドガーは宝塚寄りのメイクで、結果的に、突出した「人ではない」存在感がありました。

それが、ちょっと浮いているように感じてしまった というのが、私の正直な感想です。
 

他の方が、程よいリアル感を醸し出している中で、
「原作のイメージに忠実に」「宝塚版のエドガーのイメージを壊さないように」などなど、いろいろな思いがあったのだろうとは思いますが、ダブルラインやボリューミーな付け睫毛は、必要だったのでしょうか?

「人ではないもの」「長い時を生きる、極めて美しい存在」を表すのに、あのメイクは正しいと思いますが、
他のバンパネラで、そこまでの「人でない感」を出してる人が、他にいなかったからなぁ。。。

宝塚OGの方々(夢咲さん、綺咲さん)も、元のお顔がお綺麗なので十分美しく、メイクが薄いとは思いませんでした。
 


スポンサーリンク

これからの幅広いご活躍に期待!

そんなわけで、梅芸版『ポーの一族』は、梅芸版なりの良さがあったと思いますが、

明日海さんの、退団後の初舞台作品が『ポーの一族』だったことは、個人的には、良かったね!!と心から思える案件ではありません。
 

私は宝塚版を生観劇をしたことがなかったし、好評だった『ポーの一族』が再演され、明日海エドガーを直接拝見できたことはとても嬉しかったですが、
「女優 明日海りお」の箔付けになったか?と言われると、ちょっと疑問なのです。

脱・宝塚をしていなかったので。

元タカラジェンヌが、いつまでも宝塚を売りにするのは…と考える人もいるでしょうし。
 

私自身は、別に「元宝塚」を否定はしませんが、
宝塚に縛られずに、幅広く活躍してほしいと思うのです。

 

だから、最近始まった連ドラ2作への出演が、とても嬉しい!

もともと朝ドラの視聴習慣があるので(録画してですけど)、『おちょやん』は、明日海さんが出ていなくても見てましたが
『青のSP』は、明日海さんのために見ております!

二つの役の雰囲気が全然違うし、どちらもこれから出演が増えそうだから、女優としてのご活躍を楽しめそう

 

それから、Eテレ『おはなしのくに』は、1人何役よ?という感じで、思った以上に良かったです。

王子様まで無理なく演じられるのは、宝塚の男役ならではだし、歌があったのも嬉しい予想外!
お豆の歌(?)かわいいw

ただ、王子様の衣装はなんだか変だった。。。明日海さんに合わせて仕立ててないのかな。

(素朴な疑問:今どきのシンデレラは、導いてくれるのが鳩で、姉が踵を切る怖いver. がメジャーなのですか?)

 

NHKを割と見る人間(私)の意見ですが、
NHKに気に入られている俳優さんは、よくNHK作品からお呼びがかかる傾向にあると感じるので、良い滑り出しだと思います 笑。

 

NHKに限らず、今後、活躍の幅を拡げられることを楽しみにしております!


今知った。
おはなしのくにって、1週間以上無料で見れるのか!

過去作品も、気になるのいっぱいある~♪
また見てみよう^^

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。