宝塚音楽学校の「伝統」廃止のニュースの件

ニュースになっていた「宝塚音楽学校での不文律廃止」の件

ちょっとだけ書かせてください。

ニュース記事はこちら


スポンサーリンク

学校公認だったらしいことに驚き

これらのルール、わざわざ音楽学校側が「廃止した」と話すということは、
不文律とはいえ、生徒の間で勝手に受け継がれてきた伝統なのではなく
しっかり学校公認だった
ってことなんですよね。驚いた。

 

まあ、確かに「なんで?」と思うルールもありますけど
個人的に、お掃除場所の分担方法が変わるというのが、少し残念。
今までのルールだからこそ生まれた、音楽学校時代の思い出エピソードが結構ありそうなので。

まあ、グループ制になったからといって、エピソードがなくなるわけでもないでしょうが。

(ここまで書いてから発見。
 ルールは生徒が決めて、学校に相談しているらしい。で、学校が認可しているということ?) 

良い伝統は残ることを祈ります

意味のないルールが廃止されることには賛成ですが
宝塚音楽学校らしい良い文化は、明文化されていないものでも、伝統として残ってほしいな。

ちょっと世間離れした感じ(※ハラスメントっぽいものは除く)でも、
宝塚音楽学校だからアリと思えることや、在校生が、音校生の証だと思って前向きにやっていることは、結構ありそうな気がします。

 

例えば、さっき記事を引用した髪型のルール。

髪型の指定は個性の否定だ!ということで廃止されたとして
(これが「良い伝統」にあたるかは微妙ですが、宝塚らしさということで・・・)
生徒さんがみんな、自由な髪型で過ごすようになったら

なんかね、未来のタカラジェンヌっぽさがなくなって、ちょっと残念に思ってしまうんですよね。
部外者の勝手なイメージですけど。

音校生の方からすると、あの髪型で通学するのは恥ずかしいとか、あるかもですが。
「私は宝塚音楽学校に通ってるのよ!」という自信を持っている方も、いそうではある。

 

結局、価値観の違いによるから、自由にするのがいいような気がしてきました。
自由になっても、したい人は今と同じ髪型で通えばいいもんな。
実技授業の利便性を考えて、あの髪型にしてるとかもありそうだし。。。
(例がイマイチだった、という結論 苦笑)

<髪型が自由化された時、リーゼントや三つ編みにしていない生徒に対して、している人が「伝統違反よ!」と目を付けていじめに発展させないことが大切。結局またルール化してしまう。。。>

 

伝統に縛られる必要はないけれど、
良い伝統は守りつつ、時代に合わせて柔軟に変わっていくことが大切なんですね。

なので、今回の不必要な伝統の廃止は、良いことだと思います!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。