公演デザート食べました ~WELCOME TO TAKARAZUKA/ピガール狂騒曲 編~

食したのは1週間前なのですが・・・

ちょっと私生活がバタバタしていて、ブログ更新がおざなりになっておりスミマセン。観劇感想も書かなくちゃ~

そんな中でも今週末は、某プレイガイドで宙組アナスタシアのチケットをとりあえず1ゲットできて一安心。
友の会先行も気合いを入れまーす!

 

ということで、月組公演デザート@宝塚大劇場のレビューです。
記事タイトルがぎゅうぎゅうでツラいんですけど、今回の演目の略称って、皆さん何と呼んでるんだろう??(他人様のブログ等も読めてません💦)


スポンサーリンク

報告:販売方法が変わっていました

コロナ前は、カフェテリア「フルール」とラウンジで販売されていた公演デザートですが、コロナ後(花組はいからさん)から、カフェテリアのみでの販売となっています。

・・・という内容は、公式ニュースで認識していたのですが、
私が実際にコロナ後に買ったのは、今回が初めてでして。
 

実際に買ってみて知った、販売方法の違い

ショーケースから自分で取る方式ではなく、カウンターで店員さんに言って出してもらう方式になっていました。

恐らく、はいからさんの時からそうだったのでしょうね。

 

感染予防のための、ありがたい対応とは思いつつ、
わたし的に、少し困ったことがありまして・・・

在庫の数が読めないので
店外から覗いて、「今慌てて買っといた方がいいかな?」と探ったり
「今回はこっちの方が人気なのね~」と探って、2種類のどちらを買うかの参考にしたり
できなくなりました。

後者に関しては、よほどお腹がいっぱいでない限り2個買うので、大きな問題ではないのですがw

ジュモー

前置きが長くて失礼しました。
本題です。

(公式紹介文)「十二夜」の舞台になっているモンマルトルで名産の葡萄と双子の兄妹のお話を、2種類の葡萄で表現。すっきりとした味わいをお楽しみください。

「ジュモー(jumeaux)」は、フランス語で「双子」の意味。

上層が葡萄のゼリー、下層がブドウのムース
と、旬の葡萄づくしの一品。

毎度ながら、フルーツの味が濃厚な本物の味(果汁率が高そう)で美味しい~

事前に公式紹介文を読んでいたので「2種類の葡萄」を意識したのですが、味の違いはわかりませんでした・・・。
写真で見ると、色がしっかり違うけど、肉眼ではこんなにわからなかった気がする。

 

ちなみに、ムース部分が傾いているのは個体差です 笑。
同行した友人のものは、ちゃんと平行になってました!


スポンサーリンク

ヴェリーヌ

(公式紹介文)雪(ココナッツ)、月(パッションフルーツ)、花(エルダーフラワー)をそれぞれの色で表現した甘酸っぱい味わいのヴェリーヌ。 

まず、パッションフルーツの味がガツンと来ます。
勝手に、上のピンクのとこだけパッションフルーツなのかと思っていたら、黄色いムース部分が本体(つまり、上の2層がパッションフルーツ味)だったので、想像以上のガツンで驚いた。

個人的にパッションフルーツが少し苦手なので、余計。。。
(食べられないほどではないのですが。)

なので、たぶんエルダーフラワーは見た目(上のチョコ)だけかな?
エルダーフラワーの味がわかってませんが 汗。

下の白い層がココナッツ味のムースで、パッションフルールの濃い味を、少し緩和してくれます。
それでも甘味が強かったので、もっと薄味でも良かったかも。。。

 

好みの味にアレンジするなら

・パッションの層を薄めに
・ココナッツ層の甘さを控えめに

します。←勝手

しっかり濃い味がお好きな方におすすめしたいメニューでした。

 

細かい話をすると
そもそも「ヴェリーヌ」って、カップ入りデザートのことだと思うので
「○○のヴェリーヌ」とかが良かったですね、メニュー名。

認識が間違ってたらスミマセン。

 

何はともあれ、ごちそうさまでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。