月組の新人公演中止に思うこと

友の会の方は、今日から月組ピガールの第一抽選申し込みですね。

第一抽選といえば、申込対象は

  • 千秋楽の全席種
  • 初日・通常回(貸切公演以外)のSS席
  • 新人公演の全席種

なのですが

今回、申し込み開始にあたり「新人公演は中止」であることが、さらりと発表されました。
これについて、思ったことを書いてみます。


スポンサーリンク

礼華&きよらコンビが見たすぎた

(ものすごくどうでもいい余談ですが、ぱるくんて、名字がそのまま「れいはな(花組トップコンビ)」なんだな…。正確に書くなら”光華”だけど)

まずは、感情的な話から。

コロナ前に、新人公演の「主な配役」が発表された時から、主演ぱるくん(礼華さん)&ヒロインおはねちゃん(きよらさん)を楽しみにしていたのですが、今回はお預けとなりました 涙。

 

今回、中止が発表されたのは、宝塚大劇場での新人公演のみですが
状況から察するに、残念ながら東京公演も難しいのでは?と思っています。

舞台上の人数調整のために、若手の半数は東京に滞在していなさそう※だし、この後で予想する「中止の理由」は、場所を変えれば解決するものではないので・・・。

※まだ発表されていませんが、現在公演中の星組は「1週間ごとのメンバー入れ替え制」なので、同じと思われる
 

そして、ホームページのキャスト一覧から、新人公演のキャスト名消えてたわ 涙

  

もし、東京の新人公演も中止になった場合。

見たかった礼華&きよらコンビは、なかったことになってしまいそう。

切なすぎるーー!

 

次回作はトップ退団公演なので、ど本命の方が主演になる気がする、と考えると、正直、ぱるくんは難しい気がする。
ただ、まだ来年がある(現在研6)ので、チャンスはあると信じております!

おはねちゃんは研3だし、トップ退団公演でのヒロインの可能性もアリと思う(むしろ、わたし的本命)なので、何ら心配はしておりませんが
もしスピード育成しようとしていたなら、影響はありますねぇ。。。。

中止の理由が気になる

一番気になったのはここ。

なぜ中止になったのか。

恐らく新型コロナの影響だろうとは思いつつ、公式ニュースには明記されておらず、今までにない流れのため、ちょっと気になりました。
 

新型コロナの影響で中止になった新人公演は、既に3公演ありますが(下記)、すべて「公演予定日が、大劇場の本公演中止期間の最中」であったもの。

<中止になった新人公演>
・雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」東京公演(2020/3)
・星組「眩耀の谷」東京公演(2020/8)
・花組「はいからさんが通る」宝塚公演(2020/8)

今回は、本公演は開催予定の日程なので、新人公演の中止だけが、早々に決定されたことになります。
果たして、なぜなのか?

理由によっては、今後の新人公演開催にも影響があると考え、勝手に予想してみました。

予想1:お稽古に限界がある

私が考えた理由の中で、一番ありえそうなのがこれ。

コロナ対策で、通常のお稽古の様式が変わっているようです。
具体的には、全員が一か所に集まらず、複数の部屋に分かれてお稽古。必要に応じて、リモートで繋ぐというもののよう。(スカステ情報)

部屋数が増えると、その分、感染対策の管理が難しくなるでしょうし
恐らく、本公演終了後やお休みの日に行われている新人公演のお稽古は、関われる人の数が限られて、さらに難しそう。

また、本役の先輩から後輩への指導は、稽古場に限らずいろいろな場所で行われる可能性があり、それらをすべて自己管理させることに不安があるのかもしれません。

予想2:組ごとの差をなくすため

先ほど、中止になった公演を並べましたが、「もうこんなに影響があったんだ」と、少し驚いてしまいました。
5組中、3組に影響があったんですね。
 

新人公演は、若手の研鑽の場であると同時に、路線スターになる条件を積み重ねる、年に各組2演目の限られた機会でもあります。
なので、その機会はみんな平等にしよう!という考えが、少なからずあるのかも。
 

そう考えると、コロナの拡大状況を見ずとも、次の宙組の新人公演も中止でしょう 涙。

また新人公演は、おおまかには年度単位で対象者(研究科7年まで)が代替わりすることを考えると、機会を揃えるのは花組からのカウントで、月組・宙組に続き、雪組fff、星組ロミジュリが中止になる可能性も出てきます。

昨年度分は、雪組・星組もムラ(宝塚)で、ギリギリ実施できてますからね。

 

もしそうなら、どうか2020年度後半の新人公演は開催されますように。
「長の期(最終学年)だ!」と気合を入れていたであろう、100期の皆さんが不憫すぎるよ・・・
(もう100期が長の期なのか!!と、びびった💦)

 

それにしても、トップ退団公演(fff)とロミジュリが中止だったら切なすぎるな!?

再演のロミジュリはともかく、退団公演はやってほしいな・・・!
トップさんから、最後にいろいろ受け継いでほしいのよ~!!
機会は平等に、の考え方からは外れるけど。

・・・ということで、この予想はあまり自信がありません 苦笑。


スポンサーリンク

新人公演は、宝塚歌劇の伝統のひとつ

これだけ書いてなんですが、
上記の予想は、私の勝手な予想でしかないことはご承知おきください。

 

ただ、理由はどうあれ、7年間しか経験できない貴重な機会が減るのは、残念でしかありません。
仕方ないとは思っておりますが。。。

 

宝塚歌劇の伝統が、106年もの間、脈々と受け継がれているのは、
後輩が先輩の背中を見て育つだけではなく
先輩から直々の指導を受けられる新人公演の効果が、とても大きいと思っています。

直々の指導が受けられるだけでなく、本公演では、名前のある役をなかなかもらえない下級生でも、新人公演では、レベルアップした役を演じられる可能性があり、舞台人としての成長に、大きな影響を与えるはず。

 

宝塚をよく知らなかった頃は、正直「未熟な方しかいない演劇を、安くでもわざわざ見る必要ある??」と思っていましたが、今となっては、とても見たい公演になっております。
(劇場で見たことはありません!)

 
若者の頑張りと成長が見られる、貴重な公演なんですよねぇ。
初日・千秋楽と共に、第一抽選販売の対象になっていることに納得。

 

そんなわけなので、どうかどうか、少しでも早く、新人公演が再開されますように!
↑東京公演や宙組以降も中止だと決めつけた書き方で、スミマセン

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。