宝塚歌劇の魅力とは? ~NHK「宝塚スペシャルラウンジ」が面白かったのでご紹介~

ちょっと観劇予定が開いているので、ワクワク不足の管理人です。

日曜は特に予定がなかったので、雪組の当日券に並んでみようか…とも少し思ったのですが、たまった録画の消化に費やすことにしました。

そこで、NHK関西(近畿2府4県のみ)の総合テレビで年末年始に放送された「宝塚スペシャルラウンジ」を見たのですが、面白かったのでご紹介します(BS8Kでの初回放送は昨年の10~11月なので、見られた方には、今更の内容ですが)。

1回50分ぐらいの全6回なのですが、疲れることなく一気に見れました!


スポンサーリンク

概要と各回のゲスト

  • 昨年10~11月に「BS8K」で放映されたものを再編集して放送
  • 各回テーマを絞りつつ、宝塚歌劇の魅力と5組それぞれを紹介
  • 解説には、NHKが収録した舞台映像もたくさん使用
  • スタジオゲストが豪華

第1回「花、月、雪、星、宙、5組のみどころ一挙紹介!」
BS8Kでは、これが第6回だった模様

ゲスト:
(OG)壱城あずささん、七海ひろきさん、仙名彩世さん
(ファン代表)林家花丸さん、高橋真麻さん

第2回「宝塚歌劇と音楽(雪組)」
ゲスト:
(OG)真琴つばささん
(現役)望海風斗さん、真彩希帆さん、佐々田愛一郎さん

第3回「オリジナル作品の魅力(星組)」
ゲスト:
(OG)七海ひろきさん
(ファン代表)歌広場淳さん、上原りささん

第4回「トップスターの魅力(花組)」
ゲスト:
(OG)真飛聖さん
(ファン代表)高橋英樹さん、高橋愛さん

第5回「宝塚歌劇の多様性(月組)」
BS8Kでは、これが第1回だった模様
ゲスト:
(OG)紫吹淳さん
(ファン代表)高橋英樹さん、高橋愛さん

第6回「宝塚歌劇の大作・海外作品(宙組)」
ゲスト:
(OG)実咲凜音さん
(ファン代表)高橋英樹さん、上原りささん

  
ロケットとは? 銀橋とは?
 といった基礎知識から、
滅多に聞けない(というか私は初めて拝見した)指揮者・佐々田愛一郎さんや演出家・小池修一郎先生のコメントまで、
「ずっと前からファンだった人」と「これから宝塚を見る人」の両方に向けた内容(※番組内でこのように説明あり)になっており、少なくとも、宝塚にハマって1年ちょっとの私は楽しく見れました。

解説に使われている題材が 2018~2019の大劇場作品なので、現役のファンの方はもちろん楽しめますし、しばらく見ていないという方には、現在の宝塚を知るのにも役立ちそうです。

  
ゲストの高橋愛さんが言っていた「今まで、ただ好きで見ていたけれども、いろいろな立場の方の話が聞けて、視野が広がった」というのにすごく共感。
特に、佐々田さんのお話を聞いて、私はついビジュアルやストーリーに注目しがちだけど、音楽ももっとちゃんと評価できるようになりたいな~と感じました。

愛を感じる数々のコメントがよい

民放にOGさんが出演されると、タカラジェンヌの特異性がクローズアップされる印象があるのですが(私も、ハマる前はそういう目で見てましたので)、そういったものは全くなく、司会者もゲストも愛を持って宝塚を語ってくれるのが、非常に好印象でした。

NHKだからということもあるでしょうが、番組の企画を通した方、絶対宝塚ファンなんだろうなー。
(この番組に限らず、ドキュメンタリーや紹介番組は、やはりNHKは強いなと思います)

  
演出家の小池先生は、第6回の最後に「スターたちは、役に向かって本当に一生懸命頑張っている純粋な人間で、彼女たちのコアにあるのは透明なダイヤモンド」といったことを仰られてまして(ニュアンスです)
演出指導に厳しい印象があるけど、生徒たちを愛してくれてるんだな、というのがじんわり伝わって、嬉しくなりました。
生徒たちもその愛を感じているから、モノマネでいじれるんだろうなと 笑。


スポンサーリンク

私に響いた「宝塚の魅力」ワード

宝塚の魅力を語って、より多くの人に興味を持ってもらう(そしてBS見てください)という趣旨の番組なので、番組を通して「宝塚の魅力」を表すキーワードがいろいろ出てきたんですが、私が、特にイイネ!と思ったのは次の3つ。

  • 下心のないダンディズム
  • 宝塚は心のサプリメント
  • 宝塚はパワースポット

下2つは、ほんとその通り。
私も、たくさんの活力をもらっています!

「下心のないダンディズム」は、これと同時に「計算のないダンディズム」とも言われていたのですが、 個人的には前者の表現の方が刺さりました。
例として「髪をかき上げる仕草」「カフスを触る仕草」が挙げられていました(by 高橋真麻さん。←好みが、雪組きぃちゃんともろかぶりだね!笑)

  
真麻さんとは別の回で、紫吹さんが「女性が大好きな世界を表現している」例として「壁ドンとか顎クイとか、宝塚はずっと前からやってます」と仰ってましてたが、私はそういう少女漫画的な、計算されてるっぽいものはあまり求めていなくて(笑)

変な性的ないやらしさのない、でもしっかり色気のある男性像が素敵!なんですよね~。
色気って、性的な魅力のことじゃないのかと突っ込まれそうですが、それを成り立たせてしまうのが、宝塚という夢の世界なのではないでしょうか。

ぜひ全国で再放送してほしい!

4Kならまだしも、8Kが見れてる家庭ってどのくらいあるのでしょうか??
(ま、うちは4Kも見れませんけどね)
良い番組だったから、関西に限らず全国で再放送してほしいです!

とりあえず、雪組の全国ツアー以降、今の宝塚にも興味を持ち始めた様子のある母に、録画を見せてあげよう(ニヤリ)。

ものすごく余談

余談だけど、気になったので。

  
解説に使われる舞台映像は、基本的にはトップコンビの名前しか表示されないのですが、他に目立って映る方の名前も時々表示されていました。

が。

宙組「オーシャンズ11」の解説の時、3番手・桜木さんの名前は出たのに、2番手・芹香さんの名前が出ないのはなぜだー!?
小池先生が、わざわざオーシャンズ10を新しく入れた説明をしてくれて、銀橋での歌唱シーンもしっかり流れるのに、最後までお名前テロップは出なかった。

いちファンとしてちょっと寂しかったのでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です