花組新トップコンビに贈る言葉 ~鮮やかに咲く花となるために~

先日の「A Fairy Tale/シャルム!」の千秋楽ライブ中継を見て、舞台や役者さんのあれこれ以外に印象に残っていることがあります。

それは

花組って、宝塚の中でも本当に意識の高い組なんだろうな  ということ。

※今回の記事は、私の主観によるものが多いことをご了承ください。

努力を経て、美しく咲ける花組の風土

なんとなくの噂レベルで聞いている「花組の特徴」や、キキちゃん(芹香さん)が花組時代を語るものから感じてはいましたが、花組は、歴史と伝統ある花組所属であることを組子自身が誇りに思うと同時に、自分が花組にふさわしい存在でありたいと強く思うために悩み、心身を削る、厳しい世界なんだろうなと。
(他の組の方が心身を削っていないと思っているわけではありません)

今回の退団者のコメントや挨拶からは、
ファンの方や宝塚への愛と感謝の他には、
「私は頑張った。やり切った」という気持ちを強く感じたんですよね。

何というか、うまく言えませんが、
コメントからそういった気持ちがにじみ出るほど、大変な努力を積み重ねてこられてきて、その結果として、退団を惜しまれる今があるんだろうと感じました。

柚香・華コンビのこれから

で、柚香さん・華ちゃんの新トップコンビですが

花組にふさわしい存在でありたい」という思いに加えて「花組のトップにふさわしい存在でなければならない」と責任を感じやすい環境にあるだけでなく、

トップオブトップとして君臨し、
高い評価と人気を得た明日海さんの後任で、とんでもないプレッシャーがかかっているに違いない。
(「他人の評価なんてまったく気にしないぜ!」という強靭な精神力を持っていたら、違うかもですが。お仕事なんだから、ある程度の責任は感じてほしいところ)

  
しかもお二人は、スキル的な未熟さを否定できない。

トップ就任の経緯は、なんだかグレーゾーン。

心ない言葉を浴びることも多いでしょう。

想像しただけで、大変そうです。

私は別にお二人のファンではありませんが ←
特に嫌っているわけでもないので、重圧に負けずに頑張っていただきたいと思います。

批判から、目を背けても良いとは思いません。
そこには、お二人が伸びるヒントがあるはずだから。

ご自分の課題と向き合いつつ、お二人の「売り」をちゃんと作っていけば、受け入れてくれるファンが増えるはず。

ちなみに、にわかな私が思うお二人の「売り」

「A Fairy Tale/シャルム!」の私の感想で、最も評したいこと(明日海さん絡みのことを除いた場合)はいずれも、お二人の得意分野に関することなんです。

「A Fairy Tale」は、とにかく華ちゃんの演技がすごい。

結婚後~年老いた姿での演技が圧巻ですね。
ストーリーのオチまで予想できていたのに、車いすに乗って現れたシャーロット(華ちゃん)の存在感に泣かされてしまった自分に驚きました。(これがまた、初見の時だけでなく千秋楽ライビュでも泣けたから、私の琴線に触れる何かがあるんだと思う)

そして「シャルム!」は「花組のダンス、すげー!」というのが一番でした(語彙力)
宝塚大劇場で見た時は、生で見るダンス(特に群舞)の迫力に圧倒されて、さすが花組!と思ったものです。
柚香さんには、この花組を引っ張る実力がある!

ここからが正念場

お二人よりも、多少長く生きているぐらいしか強みがない立場で、偉そうに書かせていただいて恐縮ですが

任期を終える時に
「柚香さん/華ちゃんがトップで良かった」という言葉を少しでも多くの方から頂けるかどうかは、お二人次第。

花組生としてのプライドと責任感を持って、苦労を乗り越えた後には、きっと
鮮やかな花が咲く はず。

  
私は今のところ、大劇場お披露目公演の「はいからさん」のチケットを頑張って取ろうとは思えていませんけども。

全組観劇派として、新生花組もゆるめに見守りたいと思います。

余談

と、記事を準備していたら、ひとこちゃん(永久輝さん)のVISAガールメッセージが公開されていました。これまた興味深い。

上層が生え抜きで埋められている花組に、殴り込み?をかける雪組育ちのひとこちゃん。

新生花組、どうなるんでしょうね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。