花組はいからさんライブ配信の感想メモ

まずは言い訳から ←

タイトルの背景画像に使える、納得のいく無料素材がない・・・
としばらく悩み

いっそ描こう!漫画原作だし、イラストで許して!
と思って描き出したけど、時間が取れなくてなかなか完成しないので、画像は厚みのない途中経過で(苦笑)18日のライブ配信の感想をざっくりとお届けします。

今週末、大劇場で観劇予定のため
その後に正式な観劇感想を書かせていただく予定です。


スポンサーリンク

ライブ配信自体への感想

まずは
やっぱりライブ配信、ありがたい!
公演が始まってすぐのタイミングで、全国どこからでも見れるって素晴らしいなー。
 

「宝塚歌劇初のライブ配信」ではありましたが、映画館でのライブビューイングで培った中継技術がありますし、カメラワークや音響なども問題なし!

画質をちょっと心配していましたが、十分高画質でしたね。
満足!

満足度が高いので、今後は、劇場に行く回数を減らしてもいいな、と感じました。

 
ただ、当然ながら、カメラで映ったところしか見えないので、メインで演じている以外の方をじっくり見たい時は、ちょっとつらいですよね。
大人数が出演する場面で、目当ての方が脇の方にいると、切なさが高まります。

そして、おそらくこの影響で「あれ?あの人、登場少なくない?」と思ってしまう中堅層の方々が何名か。舞台上の人数制限で、もともと出番が少ないのかもしれませんが。(パンフレットが手元にないのでわからない)
 

【ささやかな要望】
幕間休憩中は、ライブビューイングのように、「あと何分」の表示が欲しかった。第1幕の終了時間をチェックし忘れたので、何時から再開か自信を持てませんでした。

お芝居に関する感想(ストーリーネタバレなし)

思いつくままに書きますが、ご容赦ください。

  • 思いのほかソーシャルディスタンシングしてなくて、演者同士の距離の近さに、ちょっとドキドキ。

    舞台上の人数調整はされているのでしょうが、不自然に人と人の間が距離が遠いとかはなくて、「コロナ対応してるね!」とは、あまり感じませんでした。うまく対応されているのですね。

そういえば、コロナ感染防止のために、複数の稽古場を中継で繋ぎながらお稽古しているとか、2人以上の会食はダメとか(つまり、いつも1人で食べるってことですよね)、厳しいルールの下で作り上げているとのこと、本当に感謝です。
どうか、このままコロナ感染が起こらず、無事公演が続きますように!

 

  • さすが再演、柚香さん&華ちゃんは役にぴったり。マンガの実写化がこれほど違和感ないのって、すごい。むしろちょっと、二次元感があるw
  • 初演版から、いろいろ話が膨らんでいるのかと思ったら、思ったほどではなかった。
    ※あくまでも私の感覚
  • そして、大幅に増えると期待していた、永久輝さん演じる高屋敷の登場シーン →初演よりは、物語の展開を担う役割になっていたとはいえ、それほど増えてなかったような。
  • というか、メインの2人(柚香&華)以外、花組の上位層・・・瀬戸さん、水美さん、永久輝さんの登場が遅くて、ファンの方は、前半ちょっと寂しいのではなかろうか。
    登場頻度でいうと、音くりちゃん&聖乃さんの方が多い気がする。
     
  • 初日のフィナーレ以降をスカイステージで見た時は、BGMの音が薄い気がして「やっぱり、オーケストラがないの寂しい!!」と強く思ったんですが、ライブ配信版はそこまで気にならなかった。
    劇場で聞くとどうなのか、楽しみです。
  • 予想はしていたけど、やはりちょっと、組としての歌唱力の低下が気になる・・・。今まで、明日海さんが太い柱だったことがよくわかる。
    ひらめちゃん(朝月さん)、音くりちゃんが歌うと、ほっとしている自分がいました。
  • ラストシーン。幕が下りる最後の瞬間に、忍が手をぎゅっとするの、ちょっとえろくないですか() 初日もそうだったから、こういう演出なんだろうな。小柳先生っぽい!(柚香さんの発案かもしれないけど)
     
  • フィナーレのバージョンは、黒燕尾(浪漫ver.)が好きかな。白軍服もかっこいいけど、単に黒燕尾が好きということが大きい 笑。

(余談)
そんな、美しくもかっこいいジェンヌの皆さんを見て、OGの七海さんが刀剣乱舞の舞台で、他の男優さんのファンの女性を落としまくっている(女性役なのに)という話を思い出して「やっぱり宝塚ってすごいんだよ!」とニヤニヤしてしまいました 笑。
下手な男性より、かっこいいもんな・・・スタイルもいいし。
 

  • デュエダン、うん、頑張ってるけど、今後の成長に期待!
  • さすがのVISAガール(永久輝さん)、すんなり階段一人降りか!と思ったんですが、雪組最後の公演(Music Revolution!)で、既に一人降りだった。
  • 役の衣装での階段降りだったので、羽根はトップの柚香さんしか背負ってなかったけど、オープニングやフィナーレの隊形から、2番手(目?)以降が瀬戸さん・水美さん・永久輝さんのトライアングルでがっちり固まった感じですね。

あらためまして、柚香さん、トップスター就任おめでとうございます。
新生花組の今後も楽しみにしています。
 

ということで、ライブ配信の感想は以上。
じゅうぶん長くてスミマセン 苦笑。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。