はいからさん戦果から予想する、友の会のチケット提供状況

前の記事でさらりと書いたのですが、

無事、友の会で花組はいからさん@宝塚大劇場のチケットが取れました!

 
あぁ~~良かった!

手帳に、確定した観劇予定が書きこめて、ほっこりしています。

 

で、今回わざわざこんな記事を書いたのは
チケット取れた!という自慢をしたいわけではなく
「思ったよりちゃんと、宝塚ファンにチケットが回りそうですよ」と伝えたかったため。

これを書いている11日夜現在、販売開始から12時間以上経った今も、まだ余裕がありますので!

日程も、席種も選べる状況!!


スポンサーリンク

「先着順方式」の供給量に関する予測

今回、一次抽選は当然のごとく全滅でしたが、二次抽選で取れました。

友の会入りたてで下位ステータスの私が、まさか取れると思っていなかったので、当落通知のメールを見て、思わず声が出たw
※ちなみに、コロナ前の販売では取れませんでした
 

なお、二次抽選も、希望公演数すべては当選しませんでしたが、
昨日から始まった先着順方式は、全日程、空席に余裕があったので、かなり多めに先着販売に回しているのではないか?という気がしました。

 

「いや、より早くて、時間関係なく平等な抽選販売に多めに回してよ!」とも思うのですが

実際に先着順方式で買ってみると、

申し込んだ複数日程に希望順位を付けられず、何日が取れるのかわからない抽選販売と比べて、
行きたい日時を選べる快適さがすごい。

 

おかげで無事、フィナーレ両パターン分を確保。

7月中に1度行けるので、18日の配信、見るつもりだったけどやめようかな。迷う。
千秋楽の配信は、見ます!
 

この傾向はいつまで続くのか 

席数半減で「次に生観劇できるのはいつになるんだろう」と悲観していましたが
もしかすると、今後の月組や宙組も、思ったより行けるかもしれない。

私は、生徒さんの「会」に入ってないのでわからないのですが、そちらにはほとんど回ってないんだろうか?
企業や学校の貸切がないのも大きいですよね。

 

今はまだ、遠征を控えている方も多いと思うので、確かなことは言えませんけど、
未来に希望を持てて嬉しい。

 

東京は、宝塚ほど容易ではないでしょうが
遠征を控える傾向は同じだと思うので、
いつもよりは、ましかも。

東京のほうも、本当に行きたい人にチケットが回りますように。
 

明るい予想通りに進むと良いな~。
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。